将来揃える前にぜひ読んでおいて欲しい!ベビー服の雑学について詳しく解説

ベビー服の雑学ですが、さまざまなデザインや柄があります。その中でも特に人気なのはアニマル柄です。女の子向けの服にはフリルやレースなどが付けられた可愛らしいデザインが多く、男の子向けの服にはカラフルなボーダーやストライプ柄が多い傾向があります。 ベビー服は汚れやすいため洗濯が頻繁に必要です。しかしベビー服は柔らかくデリケートな素材でできているため、適切な洗濯方法が必要になります。洗剤は赤ちゃんの肌に刺激を与えないように、赤ちゃん用のものを使用するのが望ましいです。

ベビー服の選び方は赤ちゃんの発育過程を知ることから始まる

赤ちゃんは月齢とともに成長します。赤ちゃんの発育過程を知ると、育児をしやすい適切なベビー服が選べます。赤ちゃんは1か月目には手足をバタバタさせ、2か月目には「あー」「うー」などクーイングと呼ばれる声を発し、しゃべる練習をするようになります。このころは頻繁におむつを替える必要があるので、股にスナップのついていない紐を結ぶタイプの前開きの肌着が重宝します。洋服はスカートタイプのドレスオールがよいでしょう。股下のスナップでズボンタイプに調節できるツーウェイオールなら、3か月を過ぎて手足の動きが活発になっても着られます。 6か月ごろからはおすわりをするようになり、歯も生え始めます。そのころからはベビー服と併せて、Tシャツやスパッツなども着られるようになります。 ロンパースは新生児期から1歳ごろまで着られる、つなぎタイプの便利なベビー服です。おむつ替えがしやすく、8か月を過ぎてハイハイするようになっても服が脱げることなく、赤ちゃんの動きも邪魔しません。

新生児のベビー服は股下にボタン留めがないドレスタイプが便利

かわいらしさから見ているだけでつい笑顔になってしまうベビー服は、デザインだけでなく赤ちゃんが気持ちよく過ごせるかどうかやお世話のしやすさから選ぶことが大切です。生後2か月頃までの新生児は、とにかく頻繁におむつ替えが必要。新しいおむつに替えたのに服を整えている間にすぐにまたおしっこが出たなど、1日に10回以上おむつを替えるのもまれではありません。そんなときに便利なのが、ドレスタイプのベビー服です。上下につながったすその広いAラインのワンピース型で、ボタンをはずす必要がなく裾をめくるだけで楽におむつ替えができます。股下にボタン留めがないドレスタイプは、赤ちゃんの繊細な肌を傷つける心配がないのもうれしい点です。素材は吸湿性や通気性にすぐれた綿100%が基本。同じ綿素材でもガーゼ、天竺、フライスなど生地の織り方や編み方で厚さや密度、肌触り、伸縮性が異なります。赤ちゃんはたくさん汗をかくので、体温調節に気をつけながら季節に合わせて素材を選ぶようにしましょう。

生後三ヶ月になったらベビー服は足の動きを妨げない服がおすすめ

生後三ヶ月頃になると、赤ちゃんは体や動きを次第に自分でコントロールできるようになってきます。首がすわるようになって頭を持ち上げたり、足をバタバタさせたりと動きが活発になる時期です。この時期のベビー服は、足の動きを妨げないロンパースがベスト。裾が足の形に分かれた上下のつなぎタイプの服で、赤ちゃんが足を動かしてもお腹が出る心配がなく、抱っこの時にお洋服がはだけることもありません。股下にスナップが付いているので寝かせたままおむつ替えができ、前開きタイプは着替えがしやすいという特徴があります。またロンパースには、肌着からアウターまでさまざまな種類があり、暑い時期には1枚で着たり、ほかのベビー服と重ね着したりと幅広い用途で使えるのもうれしいポイント。選ぶ際には、サイズは赤ちゃんの体にフィットする大きさがおすすめです。大き目のサイズを選んでしまうと、ほかのお洋服と重ね着したときにごわついて動きにくく、赤ちゃんのストレスになることもあります。

生後6ヶ月になると動きが盛んになるのでベビー服は頭からかぶせられる服が便利

赤ちゃんの成長は親が予想しているよりも早いことも多く、活発に動き始める生後6カ月あたりは、特に子供が動き回ってけがをしないように安全確認も大切です。頭からかぶせることができるトップスにするなど、ベビー服も動き回る子供に対して、無理なく着させられるものを選択することも重要になります。子供が嫌がって動き回ると、ベビー服を着せるのに苦労する親もいます。着やすく安心の洋服を選択することができるようにする事も大事なポイントです。機能性にも注目して選ぶと、ベビー服を作っているメーカーのこだわりを知ることができます。デザインだけではなく、実際に子育てをする中での安心安全に注目することは大事です。頭からかぶせられると、子供が洋服を汚してしまい、一日に何度も着替えることになったとしても、簡単に着替えることができるようになるため、安心です。子供のために必要な洋服選びは、機能性をチェックすることで親の負担も軽減させることができます。

夏は室内で過ごすことも多いのでベビー服の工夫とともにブランケットを用意するとよい

ベビー服も季節によって選ぶものは変わってきます、夏は汗もかきやすいので通気性や吸水性の良い素材を選びたいものです。
大人と同様、夏場はベビー服もノースリーブや半そでになることが多くなっています。
汗を拭きとるときには、肌のバリア機能が低下してしまうこともあるので、保湿もきちんとしておきたいものです。
炎天下でのお出かけは赤ちゃんには負担が大きいこともあり、暑い時期は室内で過ごすことも多くなります。
夏場は冷房を使うことも多くなりますが、冷房が効きすぎると赤ちゃんが寒さを感じることもあります。
冷房の温度に気をつけることはもちろん、ブランケットを用意するなど快適に過ごせる工夫もしておきましょう。
お出かけ先でも冷房が効きすぎている可能性もありますので、カーディガンなど羽織るものを用意しておくとより安心です。
赤ちゃんは汗をかきやすく肌着も汚れやすいので、ベビー服はもちろん肌着も多めに用意しておくことをおすすめします。

日本の夏は蒸すのでベビー服は通気性がよく汗を吸収するものを探す

赤ちゃんは汗かきでしかも肌が柔らかいので、ベビー服は気をつけてあげましょう。
やはり天然素材が良く、吸湿性と通気性が大事なので木綿が一番適しています。
あまり目の詰まっていない柔らかい素材といえば、ガーゼが一番先に浮かびますが、ダブルガーゼで作ったものでお腹まで隠せるもの、少しゆとりがあるほうが風通しも良いです。
まだ何も訴えることができない赤ちゃんですので、いくら可愛いベビー服でも、ボタンや紐などで不快な思いをしないようにチェックしてあげてください。
ガーゼでなくても綿であればリップルのような生地に少し凹凸があるものが肌触りがよく、赤ちゃんも快適に過ごせると思います。
まだ寝がえりを打てない赤ちゃんは背中側に汗が集中しますので、まめに汗を拭いたり着替えをさせたりしたいので、着替えさせやすいデザインも重要です。
肌が出ているほうが涼しそうだと思われるかもしれませんが、汗の出やすい箇所はむしろ吸湿性のある布があるほうが赤ちゃんには気持ちがいいはずです。

朝と夜の気温差が激しい秋には脱ぎ着して調節しやすいベビー服が必要

秋は暑さが落ち着き、赤ちゃんにとっても比較的過ごしやすい季節です。
ただ朝と夜の寒暖差が激しく、どんな服を選んであげたらいいのか悩む方も多いのではないでしょうか。
体温調節が苦手な赤ちゃんに気持ちよく過ごしてもらうためには、服装選びが大切です。
赤ちゃんは体温が高いので朝晩寒いからといって大人の感覚で厚着させると、日中に気温が高くなったとき、暑がってしまいます。
汗をたくさんかくので、あせもなどの肌トラブルにつながることも。
寒暖差の激しい時期のベビー服選びは、重ね着で調節するのがおすすめです。
厚手素材のベビー服は避け、脱ぎ着しやすいカーディガンやベストなどの羽織るものを上手に使って気温にあわせて調節するとよいでしょう。
ベビーカーでお出かけのときには、ポンチョがあると便利です。
また、靴下も体温調節に役立ちます。
足先を出してあげると熱を逃がして体を冷やすことができるので、暑そうなときは靴下をぬいで足を出してあげましょう。

冬でも汗はかくので夏同様ベビー服は通気性がよい素材でできた服を探す

汗かきの赤ちゃんは、夏場は涼しげな素材の物が好まれますが一年中新陳代謝が活発ですので見逃しがちな冬もフライス材などの通気性の良い素材がベビー服には適しています。
ベビー服は、ブランド品などは一部通気性があまりよくないものもあります。
しかし、赤ちゃんのことを考えると一年中快適に過ごせる素材の物を着せてあげたいのが実情です。
ベビー服といっても色々なブランドや材料のものがありますが、特にフライス材なら通気性もよいですし気持ちよく着せることができるので何枚合ってもうれしい素材の服です。
赤ちゃんはとにかく汗をかきやすいので、場合によっては一日に何度も着替えが必要になることが少なくありません。
冬でも空調が高めに設定されているお店や施設などでは汗をかくことが少なくないので、そのことを考えて夏同様に快適に過ごす事が出来る素材のものを選びましょう。
ブランドやデザインで選びたくなりますが、肌触りが良く快適なものを選ぶのがお勧めです。

日本と海外のベビー服の違いはどこにある?

ベビー服は、国内製品はもちろん海外にも良い商品が豊富に販売されています。
海外製品も今ではネットで手軽に購入できる時代ですが、やはり国産と海外製では違いもありますのでそのことにも注意して選んでいきましょう。
ベビー服はサイズが合うものを選ぶことが大切です。
国産の商品と海外製ではサイズ表記に違いもありますので、購入する際にはしっかりと確認するようにします。
まず、日本のベビー服や子供服は身長を基準にしています。
これに対して、アメリカ製品は身長ではなく赤ちゃんの月齢で表記されていることが多くなっています。
例えば、3か月なら3Mなどと表記されていることが多くmosと表記されていることもあります。
それから月齢を目安に選ぶと、アメリカ製の方が日本製よりも丈が長いことも多いのでこちらも注意したいところです。
そのわりに幅が日本製よりも狭くなっているのでこちらも気をつけましょう。
ヨーロッパ製は、基本的に身長を基準にしていますがこちらも日本製より細身のものが多いので、横幅も確認しておきたいところです。

ベビー服は高く売れる?

ベビー服は自分の子供が使わなくなった際には必要なくなるので、売ってお金にしたいという人も多いものです。
他の依頼に比べて使用できる期間が限定されることや、きちんとしたお店で買うとそれなりの値段がすることなどから、古着の需要もそれなりに高いと言えます。
特にブランド品の場合は、一年程度しか着られないベビー服に正規の料金を支払うのをためらう人や、子供にちゃんとした格好をさせたいという親心を持っている人が多いことなどから、高値で売れることもあるでしょう。
ブランド品のベビー複数を高く売りたいなら、まずは使っている時から気を遣ってお手入れすることが重要です。
子供は食べこぼしやお漏らしで服を汚してしまうこととも多いですし、色々なものに触ったりどこへでも入ってしまうので雑菌なども気になります。
購入者もそうした点を気にしているので、できるだけ汚さないように、汚したらすぐに洗ったり除菌したりするようにして、売る前には綺麗にクリーニングすると良いでしょう。

ベビー服は優先順位を作ってしまうと便利

毎日着させるベビー服なので、何着もまとめ買いして持っておく親御さんの方が多いと思います。
しかし、あまりにも豊富な種類があると上下セットの場合直ぐに見つからなくて大変な思いをする場合があることはもちろん、あれを着させたいのになかなか見つからないとして朝の支度に手間取ってしまうこともあるかもしれません。
そんな状況にならないためにもぜひ取り入れて欲しいのが、サイズや季節によってベビー服の優先順位を決めて管理しておく方法になります。
季節ごとに綺麗に服を整理しておくことはもちろん、年中着まわせるベビー服はなるべく上の方に持ってきて目立つ場所に置くようにすること、セットで着るタイプなら一緒にまとめて置いておく工夫も必要になってきます。
また、どの場所にあるのかを一目で判別できるように、100円均一などで手軽に購入できる収納箱などを活用して、サイズや季節ごとに分けて綺麗に管理しておくことを強くおすすめします。

ベビー服をしまう前にきちんと洗濯をしておかないと黄ばむ?

しまっていたベビー服を久しぶりに取り出してみたら、綺麗に洗っていたはずなのに黄ばみがついている事が多々あります。
それは汚れの種類によるものです。
赤ちゃんのつける汚れと言えば、母乳やミルクの吐き戻し、よだれそして汗などの皮脂が主なものと思います。
これらの汚れにはたんぱく質が多く含まれており、それが時間がたつにつれ酸化し黄ばみへと変わっていくのです。
たんぱく質の汚れは洗濯で取り切れてない事が多く、それが蓄積されて頑固な汚れへと変わっていきます。
そしてその汚れが酸化する事で黄ばみへと変わっていくのです。
良く毎日洗っているのにタオルが臭い事ありますよね?あれも蓄積されたたんぱく質汚れが原因の一つです。
では、せっかく大切にしまっておいたベビー服が黄ばまないためにどうしたら良いのかご説明します。
しまう前にいつもの洗濯と一緒に酸素系漂白剤に着け置き洗いをしてください。
酸素系漂白剤はたんぱく質や皮脂の汚れに強く、繊維に残っている汚れを取り切ってからいつもの洗濯をして良く乾かすだけで黄ばみは防止することができます。
赤ちゃんにも使える酸素性漂白剤もあるので、しまう前にひと手間加えてみてはいかだでしょうか。

ベビー服の長期保管にはケースよりジップロックがよい?

ベビー服も季節や成長に合わせて、最適なものを用意する必要があります。
着用しなくなったベビー服は処分することもできますが、とりあえず保管しておきたいという人も少なくありません、この場合はどのように保管するべきかも考えていきたいところです。
ベビー服の管理で注目されているものに、ジップロックがあげられます。
食品の保管によく使われている袋で、透明なので何が入っているのかがすぐにわかるというメリットがあります。
密閉できるので、ほこりやホルムアルデヒドの付着が防げるのもメリットです。
とはいえ、ジップロックの保管にもやはり注意点はあります。
まず、通気性が良くないのでカビが発生しやすくなります。
通気性も良くないので、ダニなどの害虫が発生するリスクもあります。
畳んだ状態で締め付けるのでしわになりやすく、色落ちや色移りのリスクがあることも知っておきましょう。
一時的な収納ならともなく、長期保存には向いている方法ではありません。
袋に入れるなら、通気性の良い不織布などが向いています。

ベビー服を保管する時防虫剤は入れた方がよい?

防虫剤の使用の是非は、ベビー服を扱う大人が服をどう考えるかによります。
赤ちゃんの肌は敏感なので万一のことを考えて防虫剤は使わず、虫食いやカビが発生した場合には処分するという方法もあります。
しっかり洗濯をして一枚ずつ圧縮袋に入れておくと、虫などの被害を受けにくくなります。
大切な服や残しておきたい服なら、防虫剤のパッケージに表示されている成分を確認して使うとよいでしょう。
ユーカリやゼラニウム、ラベンダーなどのハーブには虫よけの効果が期待できます。
これらのハーブを利用した天然成分のものなら、優しい香りで嗅覚の敏感な赤ちゃんにも安心です。
次の子供のため、親しい人にあげるためなどベビー服を長期に保存する際には、防虫剤の使用期限に気をつけましょう。
期限を過ぎると効果が期待できないので、定期的に取り換えることが必要です。
お菓子のような包装の置き型の製品は、赤ちゃんが誤って口に入れてしまう可能性があります。
防虫剤は、赤ちゃんの手の届かないところに保管しなければなりません。

ベビー服を通販で買ってみましょうに関する情報サイト
ベビー服の雑学を知りましょう

ベビー服のサイズは、年齢によって異なりますが、身長や体重に合わせたものを選ぶことが重要です。新生児用のサイズは、体重2.5kgから3.5kgまでの赤ちゃんに適しているわけです。服の柔らかさは赤ちゃんの肌に優しい素材で作られています。よく使われる素材にはオーガニックコットンやバンブーやリネンがあります。 服の色は赤ちゃんの性別によって決まることはありません。近年では、ユニセックスのデザインが人気です。 服には赤ちゃんの安全性を考慮した機能が備わっています。例えば、ボタンやジッパーがついている場合は、赤ちゃんが誤って飲み込んだり窒息しないように注意が必要です。

Search